ニキビ跡のレーザー治療でのリスク

ニキビ跡のレーザー治療でのリスク

宅配買取の流れ

美容外科などでは、レーザー照射でニキビ跡を治療するのが一般的になっていると思います。
僕も美容皮膚科に行った時にまず最初にすすめられたのがレーザー照射でした。
詳しく説明を受けたのですが、レーザーによる治療はかなりリスクが高いというのが正直な僕の感想です。
レーザーでの治療を検討している人は、リスクを十分に把握してからやることをおすすめします。

 

レーザー治療のリスク

費用が高い

まず1番のリスクは費用が高すぎるということ。
詳しい相場などはわかりませんが、僕の行った美容皮膚科では1回の治療で10万円弱でした。
完治するまで1年はかかると言われたので、100万円以上かかる計算になります。

 

こんな大金、セレブでもなければ簡単には払えませんよね。
試してみようかなーなんて気軽に思える金額ではないので、決断するのはかなりの覚悟が必要です。

 

 

必ずしも治るとは限らない

次に、100%完治するとは限らないということです。
効果には個人差もあり、担当する医師の技術にも左右されるんです。
やってみなければ、キレイに治るかはわからないわけですから、ギャンブルみたいなもんです。

 

 

皮膚が赤く腫れてしまう場合もある

皮膚が薄い人は、レザーの刺激が強すぎて赤く腫れてしまうこともあるそうです。
レーザー治療を行ってからの2週間くらいは患部をガーゼで覆うなどの処置が必要になるため、人前に出る仕事や出掛ける用事がある時は避けた方がよさそうですね。

 

 

レーザー治療のリスクまとめ

大金を払っても治るかどうかはっきりわからないという時点で、僕にはレーザー治療の選択肢はありませんでした。
僕が行った美容皮膚科の先生の対応も悪かったというのもありますが、美容皮膚科のイメージは行く前よりも悪くなったように思います。
価値観は人それぞれだと思うので、ニキビ跡が治るなら費用が高くてもかまわないという人にはレーザー治療は向いているかもしれませんね。